因島商工会議所

HOME > 基本資料 > 理事長所信 > 2012年度 柳田耕助

2012年度 柳田耕助

所信 2012年

20111228190701.jpg

社団法人因島青年会議所
理事長 柳田耕助

理事長 柳田耕助 平成の大不況冷めやらぬ昨今、これに追い打ちをかけるように2011年3月11日、東日本大地震が発生しました。そして我がまち因島の基幹産業である造船業界も不況が続いています。

 先行き不透明な政治・経済・産業の中、日本全体がそして、因島が暗い閉塞感に包まれているように感じてなりません。

 この様な時代であるからこそ、我われ青年が、しっかりと手を結んで行動しなければならないと思います。

はじめに

 3.11東日本大地震の直後にテレビでライブ映像を見たとき私は、この日本がどうにかなってしまうのではないかと、恐ろしいまでの不安感で震えが止まらなかったのを覚えています。

 しかし、日本各地で東日本に向けた様々な支援の動きが直ちに始まり、当因島JCでも義捐金や義損物資を集める活動を行ないました。日本中が、そして因島の町の人が心ひとつにして、同じ思い、同じ時を共有し行動した瞬間でありました。一つの目的に向かって皆が行動するとき何か熱いものを感じ、そして一体感を感じます。

 未曾有の国難と言われる今だからこそ、我われ因島JCメンバーは心ひとつにして『熱き思いを共有』し、行動しよう。

なすべきことのために

 我われJCは、明るい豊かな社会の実現を目指して活動していることは言うまでもありません。

 この大きな目標に向かうためには、まずは我われ因島JCのメンバーのひとりひとりが、経済人としてはもちろん地域を担うリーダーとして自らを高め、歴史から知識を学び、そして現在の情勢を分析し未来に向けて、今本当に何が必要とされているのかを考えなければなりません。

 時間や作業に追われるだけで、今までのこと、昨年と同じ様なことを、内容を変えることで繰り返すだけでは、発展もなく生み出されるものが無いと思います。それはただ、ひとりよがりに過ぎないのです。

 真の目的を見つけ、未来に向かって行動しよう。

自分が住むこの好きな町のために

 この因島に住み生活している我われは、この町でやって行こうと決心した瞬間があったと思います。

  この町が好きだから、仲間がいるから、家族のために、自分が担うべき仕事があるからと、決心するには色々な理由があったと思います。自分で決めた自分の好きな町であるならば、我われ青年にはこの町がもっと良くあり続けるよう考え、提案し、行動していかなければならない義務があります。

変えるべきこと、残すべきこと、新しく創り出すことを、人任せにするのではなく皆のために自分のために、自ら行動しなければならないと思います。

町づくりのための事業は、1回の単なる事業であってはいけません。事業の中に込められる我われの思いが、それに参加する者の心に引き継がれ、因島に住む人々の心に広がって行くことこそが、我われの運動だと思います。

因島JCは一時期10人少々の会員数まで減少しました。しかし、2008年を機に20名以上の会員数の団体へ、いっきに拡大しました。

 2012年は、その2008年から5年目となる年であります。私はこれまでのこの期間は、我われ自身の成長の期間であったと思います。

 2012年度は、我われが住むこの町が抱えている問題(若者が働ける職場、子どもが安心して成長していける地域の環境整備、高齢化社会における福祉等)にしっかりと目を向け、本当に必要なことを提案し、そして行動していく実践の始まりの年とします。

最高のチームを目指して

 会員拡大を進めるに当たり、候補者にJCで学べることについて、どんなに良いことを並べるよりも、我われメンバー自身が楽しく、いきいきと活動している姿を見せることがもっと大切であると思います。

 私は会員の少ない小規模LOMでは、強固なチームワークが必要であると考えます。心ひとつにして、各々が力を発揮し、全員で協力し目標に向かえたとき、それは大きな力となります。そしてそれを周りが見て、「因島JCのあいつらすげーの、最高じゃん!」と思うような、最高のチームを目指したいと思います。

 しかし、活動費、事業費を増やすためではなく、このような思いを次の世代に託し未来に継承し残すためにも、会員拡大は必要不可欠であり、これこそ明るい豊かな社会の実現への第一歩であると考えます。

 2012年度の最重要課題として、メンバー全員で会員拡大に取り組むこととします。

おわりに

 因島JCってどんな団体?と聞かれると、私は自信をもってこう答えます。因島JCは楽しい団体です。

 仲間と何かを作り上げ、やり遂げたときはもちろんのこと、喧嘩したり、厳しい事を指摘されまた議論したり、そんな全てをひっくるめて私は今、すごく楽しいときを過ごし充実しています。

 2012年度はメンバー全員で、そんな全てに熱い思いをもって、全力で楽しみます。

ここに志を一つに集まった同士であるから
苦しいときも、悲しいときも、楽しいときも、嬉しいときも
心ひとつにして、同じ思いと同じ時を共有しよう

熱 き 思 い の 共 有
~最高のチームを目指して~

基本方針

  1. 50%会員拡大を目指し全員投球
  2. 経営の研究・勉強をし、自社へのフィードバック
  3. 継続連鎖を生むことのできる、町づくりの提案・研究
  4. メンバー自己を高めるためのトレーニングの実践
  5. わんぱく相撲因島場所の移管の是非についての研究
  6. 全てを楽しく取り組む

因島青年会議所
〒722-2323
広島県尾道市
因島土生町1809-20
因島商工会議所ビル内)
TEL:0845-22-6116
FAX:0845-22-8017